サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年

10月19日

(日曜日)

あらためて、オノ・ナツメを読んでみる。

 最近友人との会話で、オノ・ナツメの話になりました。敬称略。人間、偉くなるとセンセイと呼ばれ、もっと偉くなると見ず知らずの人に呼び捨てにされます。

 オノ・ナツメ。漫画家です。えーっと、そうですね。もしあなたが日常生活でプチオタク自慢をしなければいけない事態に陥ると便利な作家です。オノ・ナツメ。「俺は、こんな実力派作家も知ってるんだぞ」っていうカンジ。うん、オタクっぽい。最近は、ちょっと変な話題にもなった「のぼうの城」という小説のカバーも書きました。(そういえば、のぼうの城、読んでねぇや)

 英語とイタリア語ができるんで、作品はとってもカッコよいです。でも、ついぞ単行本を買わなかったんですよね。時々立ち読みする程度で。「あ、この人また描いてる。面白い作家だよね」ってカンジ。そのころから、男の描き方がヤオイっぽいなと思っていたのですが、今下調べしたら、やっぱりボーイズラブも描くそうです。

 で、なにが話題になったかってーと、「さらい屋五葉」っていう、この人の作品では一番単行本が出てるシリーズが、あまり面白くないように思えるってお話でした。

 あ、一応誤解のないように言っときますけど、並みの漫画よりはずっと面白いんですよ。オノ・ナツメにしては、って基準ですからね。

 まぁそこで、改めてオノ・ナツメの本を買って読んでみたわけです。
で、やっぱり「五葉」が悪いんじゃなくて昔の作品が見事すぎるんじゃないかって思うわけですね。もしかすると、あんまり長編はお得意でないのかも知れませんが。

 ストーリーとか、仕方ないとしてもですよ。長編なんですから。お話動かさなきゃいけないわけですから、「LA QUINTA CAMERA」や、「not simple」みたいに「動かない物語」は書きにくい。

 でもね、絵。絵がね、最近汚い。どう見てもワザとなんですが、昔の、なんというか、奈良美智さんチックな絵から脱却していて、かえって歯がゆい感じ。確かに、人物の区別がつかないっていう欠点はあったんですけど、「異様にうまい絵」から「そこそこうまい絵」にランクダウンするこたぁないんじゃないだろうかと思ってしまうわけですよ。公式サイトのクマの絵とかブッチギリでうまいので、わざとなのは明確でしょうと思います。

 なんか、残念だなー
スポンサーサイト

コメント

旧名:野呂です

前回は旧名を言ってなかったので誤解されてたような気がしたので。
オノ・ナツメかぁ。BL色が強いという話だけ聞いて、敬遠していたんですが、
どんな雰囲気の漫画を書く人なんでしょう。
他の作品で似たようなものがあれば、例にあげてもらえますか?

や、知ってましたよ、犬丸さん。
同病の友にたいするプレゼントです。

さて、他に同じ雰囲気、ねぇ。・・・・・・ない、かな。
この人、8頭身の絵の時と3頭身の絵のときで作風違うので、これまたややこしい感じ。

本文に書いたけど、僕の印象だと、三頭身の時は奈良美智に似てるかな。


8頭身のは少し知ってる

奈良美智・・・『バカ兄弟』が思い浮かびました。
そんなんなら読んでみてもいいかなぁ。
安らぎそうだなぁ。

いや、全然安らぎませんw。
バカ姉弟が似てるのはカッコだけでしょうw。

ちーす、私も「さらい屋五葉」は好きになれません、時代劇は好きなのに。
 オノナツメの漫画は「リストランテ・パラディーゾ」をはじめて買いました(店頭で衝動買い)。ジジイとオバハンばっかりの、たいへん華のある、おだやかな恋のお話しでした(ガキは無視)。
 3頭身画風なら「LA QUINTA CAMERA—5番目の部屋」が良かったですね。ルームシェアしてるフツーのおっさんや若者たちの呑気でノン気なお話しでした。
 あと「クマとインテリ」ってのが気になってるんですが、ヤオイコワいので手を出してません。

ヤオイコワイですよねー。
理解したくてもちっとも理解できない文化って、あんまり体験したことないと思う。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。