サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年

08月19日

(火曜日)

ときには中学生にもどろう。……嫌われる人間について

自分のあまりの厨房くささに悲しくなることがある。例えば、3か月ぶりに書くこのエントリがそうだ。

あなたも、自分の中に潜ったことがあるだろう。自分の才能や、特性や、能力について自らを検索したことがあるだろう。普通、こういうことは高校生や大学生までに終わらせておくことだ。しかし、僕は30を前にした今でも、底のない水槽の中に潜り続けている。

中学生も終わりになるころからだろうか。自分に特異な才能があることに気づいた。自分が全く意識しないうちに他人を怒らせることができるという才能だ。まあ所謂「ヤなやつ」「ムカつくやつ」「虫の好かない奴」ということだ。これは自己の矮小化ではない。身に周りの人間にインタビューした、客観的事実である。ただ、そのインタビューで「具体的な内容」に触れる人間は少なく、結局自分の「何がそんなに人を怒らせるのか」が完全にはわからないままここまでやってきた。

なんとか気づくことができたのは以下のような点だ。
どうやら僕は高慢チキな態度をとるらしい。全く意識していないうちに。実際には僕はほとんどの人に劣等感を感じているのだが、外に出る態度は全く逆のようだ。しかも、「どんな発言が」と云うよりは(もちろん発言が高慢チキなこともあるのだが)、「全体に漂う雰囲気が」ということらしい。
あと、デブである、ということも大きな要因のようだ。度を超えたデブの印象は不快そのもので、この第一印象を覆すのはかなり難しい。
声のトーンも一役買っているようだ。僕は普通の男性よりも声のトーンが高い。これが早口になるとヒステリックな印象を与える。
雑用がすごく苦手、というのも見逃せない。あらゆる仕事の7割は雑用だから、こういうのを「仕事ができない」という。
「腹が立った時にそれを隠すのが苦手」というのも嫌われる要因だ。特に疲れていて忙しい時に。

総じてみると、仕事ができないくせにピリピリしている高慢チキな高音デブということになる。

うわぁ。ドラマとかに出てくる一番やなやつだ。

あと10年たったら治るだろうか。それが心配でならない。

まぁひとつだけ世間の皆様に言えることがあるとしたら、
「ヤなヤツが自分がヤなヤツだと気づいていない可能性は低い」ということだろうか。
スポンサーサイト

コメント

私も中2病というよりも…

…う○ことか、オシ○コとか、下品なネタをナチュラルに喜べる小2病だったりします。

>どうやら僕は高慢チキな態度をとるらしい。…以下略…
んー、でもコレって、「言われてみればキミって高慢チキだね。で、今日は何で遊ぶ?」な、そんなコトは気にしない人と付き合うだけで、解決するような気もします。

>雑用がすごく苦手、というのも見逃せない。あらゆる仕事の7割は雑用だから、こういうのを「仕事ができない」という。
理系の男は、問題解決能力が高いのではなく、問題発見能力ばかり高くて問題解決能力が低い。という意見を聞いたコトがあります。ホントかウソかは別としまして、「クトゥルフの呼び声」で言うトコの、判定に成功してしまうタイプなんでしょうね。「志村ーっ!後ろーっ!」を控えれば良いだけですね。簡単です。

女系家族などで鍛えられた男性でない限り、仕事が出来る=マメ過ぎる男性は傍から見ていて、抑圧されている部分が感じられるので、個人的には不安です。雑用が苦手だったら、誰かに頼めば良いのですよ。

現場でもドラマでも、「オイ、これちょっとやっとけよ」的な上司って居るじゃないですか。給湯室で、仕事の内容とは全然関係ない、仕事を頼んだ上司の誹謗中傷に近い文句を同僚に垂れながら、でも仕事は片付けている。人間相手の仕事って、そんなモンじゃないでしょうか?
毒蝮三太夫さんの「まだ生きてやがったのか、クソババア」と言いながら、お婆さんとトークをする。これが結構喜ばれている。奇麗事を並べる人よりは、信用できるんでしょうね。

>あと10年たったら治るだろうか。それが心配でならない。
治る治らないじゃなくて気質だと思いますヨ。有り触れた言い方では、個性。

先日、お盆で帰省しましたが、一家で鮎を食べに行ったんですよね。
私、そこの仲居さんに「どっちが前か後ろかわからない。男の子かと思った」と、この歳になっても言われました。
「大人になったら大人の女になるのだ」と思っていましたが、そうでもなかったようです。

子供の時は、母親に散々「女らしくしなさい」と言われました。「女らしくしないと、人間失格!」みたいな口調で。
それでも生きていけるし、需要もある。世間サマは自分が思ってるよりも懐が広いんですヨ。たぶん。

どうだ。コメントの方が長くなったでしょ?

まず、忘れないうちに、

ありがとう。

こんなふうに誰かに慰めてほしくて、こんなエントリを書いたわけです。予定調和的ですが。

でも。苦しい時ってこんな感じなわけです。グルグルと負の方向へ向かうスパイラルに転がり落ちていく感じ。自分が嫌いで、嫌いで、そんな自分もまた嫌いで。

こんなエントリが書けるのは少し調子が良くなってきたからで、ここは一発、もう少し他人の力も借りて自分を引き上げていこうというコトです。

生半可に精神医学の知識があると、自分が抑うつなのか、抑うつの仮面をかぶっているのか、わからなくなるのです。あるいは、自分が自閉的なのか、自閉的だと言い訳したいのか、さっぱりわからなくなるのです。

こないだ、精神科で人格特性の自己記入式のテストを受けてきました。できうる限り、正直に書いたつもりなのですが、スコアリング方法を知っているとスコアを操ることができるので、とてもストレスフルでした。書き終わって、自分にどんな判定が下されるのか目算でわかるので、本当にこれが自分の人格特性なのかすぐに疑わしくなります。

とっても演技的でごめんなさい。あんまり周囲を振り回さないように気を付けます。どこからが演技なのか、自分でわからなくなる感じ。少し他人に頼りたくなった、というわけです。

本当に、ありがとう。助かりました。

あ、そうそう、僕は、美樹さんのような男性には出会ったことが無いので、どうひっくり返ってみても女性に見えます。そこだけ、反論しておきます。

なるほどなー。

自分もやってみよう。負のスパイラルからの脱却ブログ。
っていうか今やってるのがまさにそれなんですよね。
書いて言葉にすることによって楽になる。
コメントがつくと更に楽になる。

広島は遠いからなぁ。
スカイプとかあれば、久しぶりにお話したりしたいんですけどね。

>ありがとう。
いえいえ。どういたしまして。

>予定調和的ですが。
そのコメントですが、2週間ぐらいした後に「放置プレイいかがでしたか?」と書き込もうかとか、
メンヘラ女ストーカー風に「貴方をずっと見ていました」とか、
喪黒福造ばりに「ドーーーン!!」と書き込もうかとか、

色々考えたのですが、意匠を凝らしてもアレですので、普通に書いてみました。
私の書き込み、予定通りでしたか?それなら良いのですが。

>グルグルと負の方向へ向かうスパイラルに転がり落ちていく感じ。
私の性格的な問題だと思うのですが、状況がよく解らないのですが、例えばメイド喫茶に入った時、自分の時だけ「お帰り下さいませ、ご主人様」と言われるのではないかと、メイド喫茶に入る前から心配する。みたいな感じですか?

>僕は、美樹さんのような男性には出会ったことが無いので、どうひっくり返ってみても女性に見えます。そこだけ、反論しておきます。
証明が出来ない文章、有難うございます。


>書いて言葉にすることによって楽になる。
>コメントがつくと更に楽になる。
犬丸さん、初めまして。横レス失礼します。

自分の気持ちを文章にする事によって、今の自分が浮かび上がり、
コメントを貰う事によって、結局は、他人と完璧な意思の疎通は出来ないのだと、理解します。

これは悪い意味ではなく、自分を100パーセント理解出来るのは自分しか居ないから、自分で何とかしなさいって、一種の啓示なんだと思います。

犬丸さん。
ようこそ。なむなむ。あー、うん、その、僕の言いたいことは美樹さんが言ってしまったような気がする。なんというか、気分とかいうのは、素粒子みたいなもんで、観測にした瞬間に観測そのものによって変化する。観測して報告した瞬間には次の気分になっている。さらに気分をテクストに変換すると、気分そのものではなくなっている。相手がそのテクストをみて、自分に想定可能な気分に翻訳して、解釈してテクストにする。それをこちらが読んで、また自分に想定可能な範囲で翻訳する。伝わるわけがないんだよね。

ただ、それが本当に伝わるかどうかなんて、最後にこちらの気分がいい方向へ向いて、相手が不快でなければどうでもいいことなんだと思うっていうのは、美樹さんとは違うかも。

美樹さん。
>2週間ぐらいした後に「放置プレイいかがでしたか?」と書き込もうかとか、
>メンヘラ女ストーカー風に「貴方をずっと見ていました」とか、
>喪黒福造ばりに「ドーーーン!!」と書き込もうかとか、

>私の書き込み、予定通りでしたか?それなら良いのですが。

 もうなんだか十分に振り回してしまったようで、すいません。怒ってますか? 他人に操作される不快感を与えてしまったでしょうか。
 予定調和という言葉が悪かったでしょうか。どの選択肢でも「予定調和」なんでございますよ。僕の「予定」は、レスが付くということまでなんです。その内容はどんな示唆であっても、「ああ、なるほど、そういうことなんだ」とインプットするのです。少なくとも僕よりは正解だろうから。だから、せっかく付けてくださったレスの内容に言及していないのです。自分の思考に疲れたので他人に思考してもらうという、宗教じみた逃避です。

最後は、自分で思考してコントロールします。美樹さんの仰るように、最終的には完全な意思疎通は不可能なので。ただ、人は認知・判断・行動を「常に」していないと迷子になってしまうので、判断を一時預けるってのは、アリかな、と思うのです。で、もう、そういう時にできるのは、自分で出来るだけ深いとこに潜って、観測できたことを報告するだけ。それが、本当だろうと、錯覚だろうと。

それが、中学生っぽいエントリになってあらわれるわけです。観測だけで、判断が無い。

多分、複数レスが付いたら、自分の一番気に入った内容で自分を操作するでしょう。

>証明が出来ない文章、有難うございます
いや、ほんと、すいません。たしかに観測点が僕なので、証明のしようもありません。証明の必要があるとは思いませんでしたが。美樹さんをこんなふうに見てる人もいて、けして少数派ではないと思うよ、ということです。

念の為ですけど、怒ってもないですヨ。

もちろん、不快でもないですヨ。

>他人に操作される不快感を与えてしまったでしょうか。
>予定調和という言葉が悪かったでしょうか。
私、自分の言動が、彎曲されたり、曲解されるのが楽しみのひとつでして、要するに人とのコミュニケーション中に、「それは違いますよ」と突っ込みを入れたいのです。「うんうん」や「はいはい」では伝わらない部分があるので、他人にイジって貰おうという考えなのですね。

アライグマはザリガニを水で洗ったりしますが、アレは泥を落としているのではなく、ザリガニを別な刺激で楽しんでいるんじゃないかと、私なんぞは思います。

>僕の「予定」は、レスが付くということまでなんです。…(略)…自分の思考に疲れたので他人に思考してもらうという、宗教じみた逃避です。
あ、なるほどなるほど。それでなんとなく合点が行きました。

>ただ、それが本当に伝わるかどうかなんて、最後にこちらの気分がいい方向へ向いて、相手が不快でなければどうでもいいことなんだと思うっていうのは、美樹さんとは違うかも。
確かに違うな(笑)。コミュニケーションを取るには、多少なりとも不快感を与えてしまうモノだと、私は思っていますから。
どうして不快なのか、それは意見が異なるから。ここで「うん」と首を立てに振れば、気持ち良く話が続くのに、相手は意見は曲げない。それは何故か?
相手が理解の有る人間だと思っているから。少なくとも理解を示すと思って、相手が話し掛けてくれてるから。だから感情は別。内容が先で、感情は後。そこには有益な情報が入っているかも知れないし、そうでないかも知れない。30過ぎてから、そんな考えになりました。歳を取ったんでしょうかね?

>証明の必要があるとは思いませんでしたが。
私も無いとは思うんですヨ。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。