サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年

05月19日

(月曜日)

医者のブログと医療崩壊  一番損をするのはだれ?

まぁもうみんな知ってるから書きますけど、僕、医者です。

で、やっぱり最近医者のブログでは
これについて書かないわけにはいかんなぁという雰囲気があるのですね。
最近巻き込まれたからというのもあるけど。

さて、医者の間では最近の訴訟ブームとトンデモ判決に対してブーイングの嵐です。
まぁぶっちゃけた話が、医者が理解不能の理由で訴訟を受ける。
ミスがあったとしても、誰もがやりかねない事でびっくりするような額を請求され、それが通っちゃう。
結果が重大だと、(死亡とかね)過失がなくても「期待権侵害」とか言ってしまう。

で、僕がどうかっていうと、ちょっと医者も落ち着けって感じですね。
正直、他の分野でもおんなじだと思うんです。

この国の司法が、「素人が玄人を裁く」という構造を持っている以上、絶対にこういうことは起こる。
さらに、ミスがあってそれが死につながったのなら、請求を受けなければいけない。
ミスがあったかどうかは司法が指摘するべきで、医師はその助け(鑑定とかね)をする。

司法はそれでいいのですよ。司法は。独立しているんだから。

問題はこの国の医療はどんどん衰退するということですね。

これは単純に経済学と、心理の問題なんですよ。
正直ね、医者の資格があれば、儲からないまでも、危ない仕事なしで何とかやっていける。
救急とか、一生しないって誓ったら、やらなくたって食っていける。
お産も、新生児も、小児科も、やらないならそれで構わない。
でね、もう一つ言えば、実はそういう仕事のほうが給料良かったりする。
開業して、9時5時で業務終了。時々夜間診療所や休日診療所に応援に行く。
その方がお金が儲かったりする。儲からなくてつぶれても、仕事に困ったりはしない。

で、救急の現状を見る。やりがいはある。とかく、命を救う仕事はとても誇らしい。
一生懸命やる。
でも、ミスはある。人間だから。神様じゃないから。
で、ちょっとのミスがたちまち重大な結果を招く。
そこで訴訟ですよ。

訴訟はね、傷つく。プライドも傷つくけど、そんなちんけなもんじゃない、
もっともっと奥の方がね。

ま、考えてごらんよ。
商談する。顧客のために全力を尽くす。
少しのミスで顧客に被害が及ぶ。顧客から非難轟々。訴えられる。
やる気なくすよね。
加えて場合によっては逮捕される。

正しいことだとは思うよ。テキトーな仕事をする医者に鉄槌を下すのは。
結果責任論だって単独で考えればべつに正しくないとは思わない。

じゃその社員、次にどうなるか。
「ミスをしなように頑張る」? そうかな?
ミスって頑張ったらなくなるの? 
社会人だったらわかるでしょ?
ミスは必ず起こる。でも、医者はその結果が重大すぎる。

患者のために頑張る。全力でやる。でも、要求される能力は神様級。

どうする?

善意の人はこう考える。
「自分には救急医療をやる能力がない。情けないが、社会に害悪を広げるよりもこの場を去ろう」
普通の人はこう考える。
「冗談じゃないよ。患者が亡くなっただけでもとてもつらいのに、その家族に訴えられる。患者が好きだ。家族も好きだ。だからすべてを捧げている。だからこそ、その人たちから非難されると、もう辛すぎて立っていられない」

そう。今僕は無意識にそう書いたけど、「立っていられない」のだ。
残念だけど人間は、やりがいそのものから殴られて立っていられるほど強くない。

悪意の人は?
悪意の人ははじめから救急医療はやらない。

結果どうなるか。
リスクの高い医療から手を引く。
神様みたいな人か、神様ぐらい自信のある人しか残らない。

他の人たちはみんな逃げて、
逃げた先で十分に満足できるお金をもらって、自分の人生を生きている

医者ブログではみんな怒っているけど、みんないい人だなと思う。
自分よりもこの国を憂いているのだから。
僕は違う。
怒らない。

僕は良い医者ではないから、ハッキリ言う。

べつに構わないじゃない。この国の医療がどうなっても。
知ったことじゃないじゃない。困るのは僕じゃない。
みんなで手をつないで医療崩壊へ落ちていきたいんだから、見守ればいいじゃない。

一番困るのはだれなのか。

怒っている医者は、良い人ですよ。
スポンサーサイト

コメント

「スキャナー・ダークリー」観ましたヨ。
http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=5701
まず、キャスティングが凄かったです。
メインキャストの殆どが、ドラッグ中毒を起こした方ですよね…。

ここまでが、脱線。ここから今回のコトです。


>結果が重大だと、(死亡とかね)過失がなくても「期待権侵害」とか言ってしまう。

これだと、「お宅のラーメン、予想よりマズかったから、期待権侵害だ」とラーメン屋でも、訴訟が起こっちゃうのかな?

それから医者に対する訴訟なんですが、
・お金が欲しい。
・とにかく文句が言いたい。 などが有ると思うんですよね。

訴えられた時、「この人は何を求めているか?」が、まず思い浮かぶと思いますが、
奇妙なコトに、図星を突かれると逆に怒り出す人がいますよね?
訴訟の難しい所は、ソコら辺にもあると思います。

自分が自分の心に、無意識に嘘を付く。
結果、何を伝えたかったのか分からない。

そこで弁護士の登場となるのですが、弁護士だってガキの使いでもなければ、慈善団体でもない。

相手を怒らせなくて、意見を伝える方法があれば、解決しそうなんですけど。コミュニケーションって難しいですよね。

 いえね、個別に事例に当たれば納得いくんですよ。
 正直、自分の肉親が亡くなって、それで、医者が何にもしてくれなかったと感じたら、訴訟したいと思うのが当たり前だと思う。実際、それが抑止力になるっていうのもわかる。


 ただ、細かく見れば「無理もない」ことが、大きく見るとエライことに繋がっていくっていうのは意識したほうがいいですよ、という話です。

 似たような事に、銀行を潰すだの潰さないだのって議論がありますよね。ぼくも「こんな銀行潰しちまえ!」と思うことがあります。でも、明らかに責任があっても、銀行潰さないでしょう? なんでかって、一時の応報感情や責任論で銀行を潰すと、社会的にとんでもないことが起こるから。

 おんなじことが起こりますよってこと。

 でもね、それはもういいんです。何度も言いますが、最終的に一番困るのはだれなのかという話です。ほんとうに困るのは医師じゃありませんよ。銀行がつぶれても銀行員には再就職があります。実際に訴えられた医師でさえ、これから向かう社会に比べれば、いつか傷が癒える分軽症かも知れません。

 敵を切った刀で割腹。サムライの国ですね。

お久です

ずいぶんと久しぶりです。

医療裁判については、最近(ここ1年半くらい)ニュースを見ていないせいもあってか全然知りませんでした。

今回このブログを読んで思い出したのは、パロマの湯沸かし器でした。
こちらは大きいニュースにもなり、技術畑に近かったせいもあって興味深く読んだのですが。

似ているようで、ぜんぜん違う話なんですよね、二つの裁判の話は。

ううう、なんかうまく書けないですね・・・すみません。

またちょくちょく見に来ますね。

どわ。放置状態になっててすいません、VANさん。お久しぶりです。

パロマの裁判ですか?
いや、あれね、僕、パロマが正しいと考えています。実は。

 「メーカーが禁止している違法改造によって被害が出た場合、メーカーは責任を取るべきか?」というお話です。

「否」に決まってるじゃないですか、そんなもん。

ラーメンでいえば、「ラーメンにわざわざ家から持ってきた胡椒をぶちまけて食ったら、まずかった。責任とれ。」ということでしょ?

技術畑の人の意見をお聞きしたいところですね。

医療崩壊ー地域医療の崩壊は、今国民的な関心になっていると思いますが、わたしの知人の開業医の先生が最近、このテーマで執筆されています。
この本によると、その崩壊の主な責任は、医療行政の問題にあると指摘しています。つまり、医療費など年間2200億円削減のしわ寄せを、地域の医療現場に押しつけているとのことです。
このような、一開業の方々を含めて、現場の医療関係者から様々な議論が巻き起こってくることを期待したいところです。
『医は仁術か算術か―田舎医者モノ申す』(定塚甫著・社会批評社・1500円)
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/shakai/top/80-9.htm

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。