サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

11月27日

(火曜日)

ナイーブなオタクたち

さて、今日は友人のブログの炎上に際して思ったことなどを。

なんというか、僕のオタク観って少し変なんじゃないかと思い始めてきました。少なくとも炎上中に集まっている人たちとの間には越し難いカベを感じるのです。

僕がオタクという文化圏に属する一群衆のひとりであることは間違いないんですが。

僕は、自分の好きなRPG、漫画やアニメーションに対して「絶対的な価値」をみとめています。
炎上中のコメントに挙がっていたのですが、昔NHKの番組でRPGに対してネガティブな特集が組まれたことがあります。ジャーナリストはオウム問題でおなじみの江川紹子さん。2年ほど前にある人から見せてもらったことがあります。で、そのコメントには、「お前の好きなTRPGがこんな扱いされたら不快だろう。怒るだろう」と書いてあるのですが、これがさっぱりわからない。
僕も、その見せてくれた友人も同じだったのですが、不快感も怒りも感じませんでした。感想は、「笑える」。なんというか、「ソウルオリンピックの時に白人が、韓国人が犬を食ってるのを見て怒った」という話と同じような面白さがあると思うのですが。自分の好きなことに、他に影響されないしっかりとした価値感を持っているなら、それをバカにされたとしても爆笑して終わりだと思うのです。その所為で法規制とかされそうになったら困りますが。

最近友人に「アニメや漫画が日本の文化だって言うけど、それって本当に誇れる文化なの?」と言われたことがあります。僕は笑ってごまかしました。僕の答えはYesで、それ以上の議論を必要としなかったからです。そもそも、誇りとか価値とかいうものは、理論的に構築されるような副次的なものではないのです。

もちろん理屈をつけることはできます。例えば、現在の日本でエンターテイメントのトップクラスの才能は、ポップスと漫画に集まる傾向にあります。残念なことに小説とクラシックに集まる気配はありません。次に、市場が巨大なため、商業的価値が低く芸術的価値が高い物を作ることができるということ。etc

でも、その価値観自体、誇り自体に理屈はないのです。「良い。なぜなら、良いからだ」

前に「AIKI」という映画で、「生きてるだけじゃ、だめなんだ」というセリフがありました。それまでボクシング一筋だった主人公が下半身不随になった時のセリフです。なるほど、その通りです。ですが、同じ事を障害児施設で呼吸器につながれて寝たきりになっている子供たちの前で、その子を指さして叫べますか? 価値とは、個人的なものです。あるグループで共有できる価値はあるでしょう。そのグループは世界的な広がりがあるかもしれません。しかし、全員ではない。今も昔も、価値観の外にいる人間は、価値観の中にいる人間の気に障ることをいうものです。いちいち気にしてたら始まらないと思いませんか?
スポンサーサイト

コメント

なーんだ

 このエントリの感想として真っ先に思いついたのが「萎えるって言ってたけど、意外と楽しんでるじゃん」だったりするのですが、いかがなもんでしょ?

 あと余談だけど、演奏家に関しては日本の音楽はジャンル問わずレベル高いですよん。クラシック系については特に若い世代がかなりがんばってます。逆に(広い意味での)ポップ系の演奏家はおっさんに上手い人が多いせいか、若い才能が発掘されていない印象が強いですねぇ。(たぶんホントはゴロゴロいるんだろうけど、埋もれているんでしょう。)

 今、音楽マーケットがケータイに負けてるので、流行り物は弱体化し、逆に伝統芸能は流行りに左右されないから根強いってのが理由だと考えてます。当たってるかどうか知らないけど。

>萎えるって言ってたけど、意外と楽しんでるじゃん

ま、ねw コメントを詳細チェックしてるところとか特に。
でも、こういうことって無くならないんだなぁと、正直引いていたところもあるんですよ。

>演奏家に関しては日本の音楽はジャンル問わずレベル高いですよん。

これに関しては少なくともクラシック分野では大いに異論があります(具体的には近年レベルの低下が目覚ましいと思います)が、それはまたの機会に。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。