サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

09月03日

(月曜日)

逆転裁判のこと

 さて。新しい職場も、もう2ヶ月。Tzさん、幾分精神的・肉体的に参ってきました。あんまり有能ではないので、しっかり上司の信用を無くしてしいましたし。つか、普通に辞めたくなっちゃったんだけど。

 そういうワケで、一週間ほど逆転裁判3・4(DS判)に現実逃避してました。このシリーズ、大学時代に友人のVANさんから貸してもらって三分間遊んだ後、その足でそのためだけにゲームボーイアドバンスを買ってしまったという、思い出のゲームです。内容説明は、有名ゲームなのでパス。法廷シーンのスピード感と、装いの軽さに反して結構練りこまれたシナリオがうれしい推理系AVGです。
 主要NPCが気軽に容疑者や被害者や真犯人になったりするところも、結構お気に入り。当事者性が高くてよいです。

 しかし、一番の魅力はやはりメタゲーム性ですね。このシリーズ、基本的には主役弁護士の一人称視点から進められ、探偵パートで事件発生・調査、法廷パートで謎解きとなるんですが、ま、探偵パートの最後には、大体事件の真相は推理可能な状態になっています。(法廷パートで補強される部分もありますけど。)じゃ、法廷パートで何をするのかというと、自分の分身たる弁護士君に事件の真相を「判らせる」ために四苦八苦するのです。弁護士君は大体みんな分かりが悪いですから、先走った推理を提示しても却下されます。「ウゴー!何でこの証拠でこれに気付かないんだー!」「チクショー!こんな矛盾だらけの証言、信用するなよー」とか。それだけに、判ってくれると、とてもウレシイ。……ん?これってなんか、ギャルゲー攻略に似てませんか?
 そう、このゲーム、自分を攻略して楽しむという、ある種イタい快感を味わうことが出来るゲームなのです。素晴らしい。

 なんか、元気は出たけど、厭世観はかえって強くなったTzでした。
スポンサーサイト

コメント

やー、私もこのゲーム大好きでして
2以降はすべて発売日買いしてるくらいなんですけどね。
最新作の4は、なんていうか、その………


…Tzさん、逃げてー!

と、手後れになるくらい待ってから書き込んでみる。

策略どおり、手遅れでした。

いやいや。僕としては、世間で言われているよりはずっと満足しましたよ。今回も三部作という前提でな! 今回はナルホドくん最後の事件ということで、第一話の途中から感受移入先を上手くナルホド君にスイッチすることが出来ましたので、あまり不満はありませんでした。オドロキ君と自我一致させた人は、多分不満タラタラなんだろうなぁ。あと、みずきしげるには版権払っているのだろうか。

上司の不況を買って、成歩堂君に感情移入というわけですかー、なるほどー。

と駄洒落で返してみたものの、うーん、感情移入かー、久しく覚えの無い感覚です。
理解はできますが、納得はできないというヤツですね。

私がこのゲームに求めるのは、変な人物、変な状況、変な展開でして、4作目にも変な期待をしていて、それが大外れだった感が強いんです。

うーん、文章だと難しいです、今度直で話しません?

>水木しげる
言われてみると王泥木君は妖気針立ってるし、変なチャンチャンコきてますね。
すると、方目はおとうさん譲り(ていうかそのもの?)なんですかね。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。