サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年

08月13日

(日曜日)

ヒーロー見参!

タイトルは、ある映画から拝借。


今日は普段活動しているサークルにいこうと思っていたのです。
最近異動した関係で、活動場所まで1時間半ほどかかるようになってしまいましたから、早起きしなければいけません。
いや、活動自体は11時からなんですが、日曜日も当然仕事があるワケで、普段は午前中いっぱいかけてダラダラやっている仕事を9時半までに切り上げる必要があるのです。


そんなわけで、今日は5時におきたのですが、起き抜けに昨日の夜、食したものを盛大に吐き戻したので、1時間ほどネットをやっておとなしく9時まで寝ました。ちょっと当直の疲れが出たようです。
で、職場で4時間ほど仕事して、タラタラと近くの温泉施設に行ってきましたよ、というのが今日のお話です。


この温泉施設、「ぐらんの湯」と申しまして、フジグラン神辺店という大型スーパーにシネコンがくっついたようなところの隣にあります。そこで2時間ほどお湯につかると、あら不思議。午前中の腹痛がおさまってしまいました。さすが神辺町、神の湯。昼に飲んだガスターが効き始めただけかも。

なので、ついでとばかりに大型スーパーで買い物して、シネコンで「スーパーマン・リターンズ」の先行上映を見てきました。

大型スーパーで、タラコを買っているすぐそばで、仮面ライダー・カブトのショーをやっていました。僕らの時代はヒーローショーは屋上と決まっていたのですが、時代は変わったものです。


全然興味がなかったので、タラコの横の「いくら醤油漬け」1,280円也を買って、ちょっと豪華な夕飯にしようかなぁと真剣に考えていたところに悪役特有の邪悪声で、こんなセリフが。


邪悪声:「ふふん。ここに集まっている奴らは、よほどカブトのことが好きらしいな。その心、ためさせてもらおう。私が1,2,3と合図をしたら思い切りカブトを呼ぶのだ!
邪悪声:「いいか!?1,2,3」
よいこのみんな:「カブトー!


いつから、怪人が仮面ライダーを呼ぶようになったのでしょうか?


しかし、仮面ライダーは現れません。内心ホッとしたのか、怪人は饒舌に続けます。


邪悪声:「はぁっはっはっ。カブトは来ないなぁ。お前達は見捨てられたのかなぁ?それとも私の強さに…云々…もう一度だけチャンスをやろう!合図をしたらカブトを呼んでみろ!


それは図に乗りすぎです。


よいこのみんな&邪悪声:「カブトー!」


怪人自ら叫んでますが。


正義声「とう!」(あーあ、やっぱり来ちゃった。)
邪悪声「な、ばかな、なぜここへ!?


あんたが呼んだからだ。しかも二回。


時代は変わったなぁと再び思うTzでした。時代のせいにしては、時代がかわいそうかな?とも思いますけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。