サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年

09月24日

(日曜日)

エルススキー大佐のファミリア五段活用その4

「あれ?」
「なんだね?」
「いやなんで……生きてる!?」
「エルススキー大佐は死なず!ただ消え去るのみ!」
「消え去ってもいないでしょうが!」
「む、しばらく見ないうちに口答えをするようになったか。」

 はい。ツンデレコメントに反応して、エルススキー大佐の再登場です。しかし、苦しい道のりです。今回から自分にかけた枷をひとつはずすことにしました。実を言うと、今までの五段活用では、「テンプレートキャラクター」を意識して作っていました。いずれもシナリオに導入しやすいキャラクターです。(前回の守護神キャラも、実は簡単です。特にPC3、4あたりに設定すると、意外なほどすんなりとはまり込みます。)でもまぁ、クセを完全に抜くことは出来ませんし、キャラクターって言うぐらいですから、少しぐらい個性的なことをしてもいいのかも。と思って、今回は遊んでみました。


第四活用 特殊設定付与のための守護神


泉の精霊

「あなたは私。私はあなた。あなたが残した、思いの残渣。」

エフェクトス=エルス=エフェクトス
体格:7 反射:14 共感:11 知性:14 希望:12
技能:元力3 隠密3
特技:元力:波
   元力:虚
   元力弾
   始祖の血統
   守護神
   潜在開放
   変身能力

コンボ:元力:虚+始祖の血統+元力弾+潜在開放
         代償 H2R ダイス 3個 判定値 6 
         クリティカル 4 ダメージ R+17
装備:封傷の護符×2、牙の護符


―正確に言えば泉の精とは生物ではなく、現象である。森深く、朝霧のむこうに隠れた清らかな泉。そのような泉には時に魔力が宿るという。その、いわば魔法の鏡となった泉は、姿だけではなくその内面までも写し取る。なかでもその人物が湖畔で無念の死を迎えた場合、写し身はついに泉を離れるだけの魔力を得る。俗に幽霊であるとか、黄泉甦りだとか言われる現象の多くはこの「泉の精」ではないか。―サルモン・フィースト著ハイデルランド博物誌より。


「いや、わかっている。しかし、そんな硬いこと言わなくてもいいじゃないか。」
「どうしたんです?大佐。虚空に向かって何をブツブツと。」
「お前には関係ない。」
「あ、もしかして、ルール違反を気にしてるんですか?
「ぐっ」
「クリーチャー技能をキャラ作成時からとっていいなんて、どこにも書いてませんもんね。『経験値を使って』成長させてもいいだけで。」
「し、しかし、そのぐらいの拡大解釈は誰でもやっているだろう。」
「なんか万引きが見つかって居直った高校生みたいですね。でも、なんかあんまりおいしくないんじゃありませんか?変身能力って。」
お前にとってはそうかも知れんな。しかし頭を使えば、そのシナリオを支配するぐらいのカッコイイ演出が可能だ。FEARゲーでは、それはある意味マローダーを一撃で屠るよりも強いことだ。」
「それにしても、これって人型クリーチャーの守護神ってことですか?なんだかめんどくさいですね。設定も中学生みたいだし。」
「うるさい!だれでもユニークな設定のキャラがやりたくなることがあるだろう!中坊じゃなくたって。だがな、そこで設定を口頭で述べて、それが通らないとぶつくさ言うのが中学生だ!『僕のキャラは実は精霊で~』どこのGMがそんなの認めるか!今回はちゃんと設定のためにリソースを費やしてるだろうが!こういうのを説得力というんだ!」
「……またキレ落ちですか。」

守護神のルールは、「一種一体のユニークな存在であるPC」という設定を可能にします。フルキフェルのようにデザイナーから与えられた種族ではなく、自分のファンタジーを込めた特殊な異種族が可能です。これを、「コレ、ボクの考えたフルキフェル。特技とかのデータも自作したよ。ねぇ。このデータ使ってボクのキャラ作るからね。」と言ってしまうと、ただのイタイ人です。既存データの中で表現するのも、ウデの一つです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。