サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年

09月15日

(金曜日)

コーヒー気分。

 えー今朝は寝覚めに暗い記事を書いたので、もう少し明るい記事を。
 YoshさんのYosh's Tea House(コレってなんか変な表現ですね)に、最近コーヒーの話題が載っていました。(リンク先は一番最近のコーヒーの記事です。このほかにもイロイロ)
 いやー、本格的ですね。コーヒー・スノッブとでも言ったらいいんでしょうか。憧れます。

 生まれも育ちも野良なので、僕にはこういう本格的なものを作るのが苦手です。良さはわかるつもりなんですが、つい、ドリップする時間や豆を挽く時間が長いとイライラしてしまうのです。いわゆる貧乏性ですね。


 でもまぁ、野良でもコーヒーに目覚めることはあって、学生の頃色々試したことがあります。ところがその過程で元来の貧乏性が出て、研究は間違った方向に向いてしまいます。僕が目指したのは、一言で言うと「邪魔にならないコーヒー」でした。


 コーヒーって、もちろん正対して飲むのが正しいのですが、何かをしながら(例えばブログを書きながら、映画を見ながら)飲むのもこれはこれで楽しいものです。そんな時あまりにコーヒーの性格が強いと、お互いの邪魔になってしまうのです。


 僕の開発した「邪魔にならないコーヒー」をたった今「コーヒー気分」と命名しました。では、「続き」で「コーヒー気分」の作り方をどうぞ。


 あ、本格派の方、コレを読んでもどうか怒らないでくださいね。






「コーヒー気分」レシピ&解説

1.コーヒー豆を買ってくる。
 実はコレが田舎に住んでいると一番難しかったりします。できる限り、挽きたてが手に入るところがいいです。(もちろん、自分で挽くというツワモノはご随意に。でも、そういう人にはコーヒー気分は許せない代物かも。)僕の場合、車で1時間ぐらいのところのショッピングモールの中にDELIがあるので、ここで買っています。
 豆はとにかく苦いものを選びましょう。よくある「酸味←→苦味」表で苦味に振り切れているものがいいですね。味表がなければ、名前の中に「イタリアン」とかかれているものを選べばいいです。「フレンチ」もギリギリ可。それもよくわからなければ、焙煎後の色が濃いものを。それもダメなら、お店の人に聞きましょう。(はじめからそうしろよ。)裏技として「アイスコーヒー用」のものを選ぶという手もあります。中挽きか、粗引きを買ってね。


2.水出しコーヒーを作る
 はい、そこのホット好きの人、帰らない。僕もホット派です。
 水出しコーヒーの機械も要らないですよ。1.5リットルのペットボトルに慎重にメジャースプーンで5杯コーヒーの粉を入れて、性格の強くないミネラルウォーターを1.5リットルまで注ぎ、ふたをして冷蔵庫へポン。時々市販のフィルターバッグにコーヒーの粉を入れるように紹介されていることがありますが、オススメできません。水は別に水道水でもいいです。30秒ほど蛇口から流しっぱなしにしてから、注ぎましょう。もちろん湯冷ましもいいですけど、そこまでするならミネラルウォーターの方が簡単じゃありませんか?
 冷蔵庫で10時間ほど寝かしたら、今度は漉します。ここで茶漉しが内蔵された急須を用意すると簡単です。ペットボトルから、まず急須に入れ、急須からコーヒーフィルターへ。はじめからコーヒーフィルターだけで漉すと、時間がいくらあっても足りません。すぐ飲まない分は魔法瓶で保存するのがオススメ。結構香りが残ります。(ここらへん、本格派の人に怒られそうです。)


3.コーヒーを温める
 僕はホットコーヒーが好きなので、これを温めます。(これも非難轟々かも。)直接火にかけるようなマネは絶対にしないでください。インスタントの方がマシです。鍋にお湯を沸かして、沸騰したらとろ火へ。その中でコーヒーポットごと湯煎しましょう。


4.飲む
 個人的には砂糖多目、ミルク多目で飲むのが好きですが、どうぞご随意に。


 とにかく簡単です。本格派のコーヒーには劣りますが、コツはいりません。多分明日作ってもうまく行くと思います。てか、今2年ぶりに作って飲んでいます。ウマウマ。
スポンサーサイト

コメント

いやいや、なかなかに本格的だと思いますよ?
あっしはコーヒーは出来合いの豆から作るだけでしたし。

インスタントコーヒーの手軽さにやられてしまい、最近はインスタントな毎日ですよ?
・インスタント*一杯
・砂糖てきとう
・牛乳コップいっぱい
を適当に混ぜてからレンジに放り込むとこってりしたコーヒーができます。カフェオレというのもはばかられるのですがねぇ

こんにちは、Finnianです。
私もVANさんと同じで、インスタントばっかりです(笑 牛乳たっぷりいれてます。
旦那さまはたまに豆を挽いてアイリッシュコーヒーやエスプレッソでティーブレイクしてますが、面倒で私には真似できません(笑
リーフを使っていれる紅茶も美味しいですよ~。

 お二人とも、正しいコーヒーライフをおくっていただいているようで、何よりです。文中ではインスタントをちょっと卑下していますが、最近のインスタントコーヒーはケッコウ捨てたものではないと思います。というか、よく飲みますし。

 でも、一度水出しホットコーヒーをお試しあれ。僕は家事とか出来ないほうですが、これはかなり簡単でおいしいので。

>リーフを使っていれる紅茶も美味しいですよ~。

 紅茶を入れるのがうまい友人は今東京にいるので、本格的な紅茶はなかなかお店以外では難しいのが現状のTzです。自分ではせっかくの茶葉を無駄にするようで気が進みません。なんか、ゴールデンルールとか難しそうだし。うまくて簡単な方法があったら教えていただきたいです。

今日は訪問ありがとうございます。

コーヒー本舗からきました!

コーヒー気分ですか。面白いアイデアですね。

美味しく飲むのも大事ですが、
手軽に簡単に飲むのも、
急がし屋の日本人にとって大切ですね。

わたしのブログで、簡単に飲めるコーヒーも
随時紹介していますので、
ぜひ、見てみてください♪

ちなみに、リキッドコーヒーって買って飲んだ事はありますか?

いいやつだと、かなり旨かったりしますよ!
マジで!!

では、お互い頑張りましょう!!

え~・・・、いい加減な性格なので結構適当にいれています(^^; でもリーフの種類によって抽出時間が違うのでそれだけはちゃんと見ておくとよいかもですね。
色々と作法はあるようですが、好きな紅茶のタイプにめぐり合うことが、紅茶の入れ方上達の近道かと。(珈琲も緑茶も中国茶もみんなそれぞれありますしね)
個人的には、濃いめのしっかりした紅茶にたっぷり牛乳注いでます♪

>コーヒー・ビーンズさん
 ご来訪、どうもです。ナムナム。
 うひゃ、本格派の方に見られてしまいました。どうもすいません。(なぜあやまる)
 リキッドコーヒーは職場にお中元で来てはじめて知りました。手軽さがインスタントと変わらないというのが凄いですね。上のお二人の飲み方も、インスタントのかわりにリキッドを使うと一クラス上の味わいがあるかもしれませんね。。
 コーヒー気分は、「性格は弱く、でも、おいしく」をモットーに開発したので、それに比べるとちょっと手間がかかるかも。

>Finnianさん
>リーフの種類によって抽出時間が違うのでそれだけはちゃんと見ておくとよいかもですね。

ほほう。なるほど。それさえも知らないTzです。うーん、紅茶にも手を出してみようかなぁ。よいリーフを売っているお店を近くに見つけたら、検討してみます。

 うにゃ、邪道でも何でもなくコーヒー抽出のセオリーにはだいたいしたがっているかと。強いて言うなら水浸式には細挽きの方が向いているというのが一般的な見解ですが、豆の量とほしい味の強さ、水との相性で事情も変わってくるので、そこは好みで構わないでしょう。性格の強くない苦み嗜好ならブラジルの豆がお薦めです。

 手間については、水浸式でさらに楽をしたければハリオから専用の器具が出ています。ガラス容器と中に仕込むメッシュという単純な仕掛けで、豆の処理はペットボトルより楽です。

>Yoshさん
 おっと、コメントありがとうございます。気付きませんでした。
 なるほど、細引きの方がいいのですか。ちょっと調べてみたら、どうやら僕のコーヒー粉の量は少し多いようですね。その辺の違いかもしれません。

>水浸式でさらに楽をしたければハリオから専用の器具が出ています。ガラス容器と中に仕込むメッシュという単純な仕掛けで、豆の処理はペットボトルより楽です。
 

 ふむ。これも調べてみました。うん、これなら納得。メッシュ容器が大きいのがいいですね。試行錯誤していたとき、市販のフィルターバッグで作ったものは、なんとなく味が落ちるような気がしたのを覚えています。紅茶とおなじで、コーヒー粉がある程度自由に動いた方が味がいいのかしらとなんとなく思っていたのですが。これなら大きく泳がせたのと同じような状況になるかも。

 しかし、やられたなぁ。実はこれを作るときに、一番頭をひねったのが豆の処理だったのです。最終的にはフィルターで漉したいのですが、とにかく時間がかかるのです。一回粗い目で漉してから次に細かいので漉せばいいんだと気付いたときには、自分が天才かと思いました。(笑)しかし、これがあれば……うーん、まいった。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。