サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年

08月22日

(火曜日)

エルススキー大佐のファミリア五段活用

「おやめください、エルススキー大佐!」
「ええいどけ!私は世の愚民どもにファミリアの偉大さをわからせてやらねばならんのだ!」
「し、しかし、エルスキャラ5人だなんて、ネタが続くワケがありません!


えー、全編この口調では疲れるので、元に戻ります。
前回の記事でエルス愛を爆発させてしまったのでその責任を取る、ということで、エルスキャラを5人作ってみようという企画です。
勢いだけで言ってしまいましたが、実を言うと、まだキャラクター一人しか作っていないのです。はたして、この環境でどこまで可能なんでしょうか。
限りない不安と共に、まずは第一活用から。


第一活用:エルス中心のキャラクターとしてそのまま使う


守護天使
「キミが、守ってくれたの?」


マーテル=アングルス=エルス
体格:10 反射:9 共感:16 知性:11 希望:12
技能:〈交渉〉3 〈自我〉2 〈祈念〉2
特技:神罰の光
   援護
   ファミリアブレス
   ファミリアマジック
   無垢
   盟友
コンボ:上記盟友以外
    神罰の視線:代償 HD2 ダイス 4個 判定値 7 
          クリティカル 3 ダメージ R+2+1D10
装備:ナイフ、ダブレット、封傷の護符×2、秘伝の書(ファミリアブレス)

その猫は、教会の前に捨てられていた。キミと同じように。キミが少ない朝食から分けたパンを、猫はおいしそうに食べた。それがその日、一番嬉しかったこと。
君のいた孤児院は最低だった。夜な夜な美しい孤児が、院長の寝室に消えては、朝、目を腫らして出てきた。その日の夕食の後、キミは院長の部屋に呼ばれた。それがその日、一番悲しかったこと。
猫を抱いて寝室に現れたキミに、院長は卑しい笑みを浮かべ、手を差し伸べた。冷たい手が、君の頬をなでた。キミは猫を抱きしめ、ギュッと目をつぶった。それがその日、一番怖かったこと。
ピカッ。何かが瞼の向こうで光った気がして、君は目を開けた。院長はいなかった。服だけを残して、跡形もなく。それがその日、一番驚いたこと。
そして、キミは今、猫といっしょにいる。パンは半分だけど、おなかはいっぱいだ。


「大佐!質問があります!」
「なんだね?」
「これじゃ、BoAのメイクアップ推奨アルカナの魔法バージョンてだけじゃ…」
「そのとおりだが。」
「じゃあここで紹介する意味ないじゃないですか。なんだかコンボもぱっとしないし。
「ばかもの!魔法系キャラなら、前線に出なくていいだろうが!シミュラクラムもない状態で、前線に出てみろ!範囲攻撃に巻き込まれるぞ!?お前だけじゃない。ファミリアのダメージをどうするつもりだ!?ファミリアがいなかったら、ただの奇跡の塊のこのデータでどうやって戦う気だ!?コンボがパッとしないだと?お前は目立って攻撃されたいのか!!回避手段がろくにない間は、一回そいつを攻撃するのが無駄だと思わせるぐらいのコンボに抑えておくのがいいのだ。それともキサマ、経験点がありあまっとるのか?」
「ゴ、ゴメンナサイ…」


3rd環境で明らかに圧迫された我々エルスファンには細やかな作戦が必要です。敵(GM)の心理を考慮したよい作戦です。エルススキー大佐は現場からの叩き上げタイプのようですね。


真面目な話をしますと、、BoAのデータは最低限周囲に迷惑をかけない程度の強さなら、内包する物語や、視覚イメージが重要なのです。現在、過去、未来のアルカナを変えることで、イメージは大きく変わります。
エルスを未来にすると、ファミリアが、「なんだかわからないけど、フシギな友達」になって、僕はちょっとお気に入りです。


エルスのタロットテーマの一つは、一人の弱さと、二人の強さです。人間は、一人では生きていけない。エルスをテーマタロットとするなら、そんな部分を内包したいものです。
そういう意味で、アングルスやマーテルは、「エルスがいなきゃダメなんだ。」感が高まる「弱さ」を内包した(実際には二つとも強力なアルカナですが)アルカナで、BoAのサンプルはいいところをついていると思います。GoBの方が強くはなりましたが、タロットテーマは薄いような気がします。アイツ、馬降りたってどうにかなりますし。


近視眼的に見れば、アングルスは、コロナの方がお徳と思えるかもしれません。《王家の血》の方が判定修正が高いし、将来的にも《王者の相》で判定値を上げておいて組み合わせを増やすとかできますし。
でも、絶対的な奇跡力の差を考えると、僕はアングルスに軍配を上げますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。