サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

08月05日

(日曜日)

RPGのテクニック:インプロから学ぶ その6

 はい。誰にもリクエストされていませんが、シリーズ復活です。シーンを壊すテクニックの続き。being originalの登場です。日本語では、「独創的になる」ということですね。え? あ、いや、これでいいんですよ。「独創的になる」のはシーンを壊すテクニックです。
 僕のような凡人に特に言えることですが、自ら意識して独創的な演技演出を行うとちっとも独創的でなくなるのです。独創的であればあるほど、かえってステレオタイプに嵌ってしまうものです。
 たとえば。外に出てみましょう。そこにHip Hop調のやりすぎファッションのお兄さんがいませんか? これがbeing originalです。個性的なファッションをしようとしていますが、実際には休日の繁華街では見慣れた人たちです。
 中二病も、一種のbeing originalと言えるでしょう。洋楽を聞いたり、一人世界情勢について思い悩んでみたり。その時は「他の人間とは違う」と思っているのですが、実はステレオタイプそのものです。

 では、独創的であるにはどうしたらいいのでしょう? 僕がオススメするのは、自分で最も「お約束」だと思う演出をすること、自分で最も「ステレオタイプ」だと思う演技をすることです。
 元々人間には隠しきれない個性があります。朝、高校の校門の前で登校する生徒達を眺めてみましょう。変質者と間違われます。いや、そうではなく。
 画一的な格好をした生徒達が、「おはよう」と挨拶するだけで、そこに「彼以外の何者でもないなにか」が現れるのが判るでしょう。これが「独創」ということなのです。同じように、皆が「お約束」「ステレオタイプ」だと思っているものには、それぞれ違いがあります。あなたが「なんでもない」と思っていることの中にこそ、他の人にとっては考えもつかないような独創が隠されているのです。

 あなたの独創性は、わざわざ意識して見せなくてもちゃんとそこにあるのです。
スポンサーサイト

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。