サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

08月06日

(月曜日)

王様おねがいっ!

 タイトルにオタク的記号が含まれておりますので、アレルギーの方はご注意ください。

 マルチゲームをやってきました。いくつか持っていったのですが、途中でRPGが立ったのでマトモに出来たのは「王への請願」だけでした。

 王様にどうしても叶えて欲しいお願いがあるあなた。しかし、一介の市民のあなたに、王様へお願い事なんて夢のまた夢。そこであなたは、その周囲の人間を懐柔・篭絡・誘惑して、なんとか王様への請願権を獲得しようと画策したのでした。

 説得は三個のダイスを振るところから始まります。三個振って、最低一つは出た出目のまま確定させます。確定させなかったダイスは振りなおし。これを繰り返して、役(ダイスの組み合わせのことです。二つ同じ目? 三つ同じ目? 全部偶数? 全部奇数? 等等。)を作ったら、その役に対応する友人を獲得することが出来ます。

 友人はそれぞれ新たなパワーをあなたに与えます。例えば・・・
1、ダイスを増やしたり
農夫:最初に振るダイスが一個増えます。
鍛冶屋:振ったダイスにストックから1の目を上にして加えることが出来ます。
2、出目を操ったり
哲学者:二つのダイスの出目を合計が同じになるように自由に変えることができます。
女官:好きな数のダイスに+1することが出来ます。

 これを繰り返しながら、段々と王宮に人脈を広げていき、最後に王様を説得した人が(多分)勝つのです!

 友人が多くなると、思わぬコンボを決めることも出来るようにになります。

 5の目をたくさん集めているTzさん。いくつか5を貯めた後で、振った3Dの出目は3,4,5。うーん一個だけ確定させて振りなおしか……おや? 女官でそれぞれ+1して4,5,6。さらに哲学者に6から4に1出目を移して、5,5,5。ヤッター! てなかんじです。

 これが結構快感。それぞれ友人は1ターン一回しか手を貸してくれませんから、使いどころも悩みます。ちょっと気に入りました!

 実際のプレイでは、僕がギリギリで勝利。ハイライトは終盤でした。振れるダイスが7個になったTzさん。6の目を4個確保したところで、友人の加護を使いきってしまいました。
Tz:うーん、残り3つのうち2つが6じゃないと、領主様とお友達になれないのかー。加護がないとキビしいなぁ。
hrs氏(現状トップ):イヤイヤ。何を弱気な。3つ6を出せば一気に王様ですよ?
Tz:はっはっはっ。ありえねー。
hrs氏:はっはっはっ。たしかにー。
Tz:コロッ(6,6,6)
Tz・hrs:……

そんな感じで、一応持ち主の威厳は保てたのでした。

 ところで、「エミーラ」いうゲームでも思ったのですが、このゲームも、魔改造でクイーンズブレード的展開を見せると笑えるのになぁ、と思いました。

 つっても、キャラクターを全員萌え絵に改変。タイトルも「王様おねがいっ☆」に変えてしまうだけなんですけどね。これだけでエロゲとかでよくある、「主人公を攻略するために、まずその親友から落としていく」という「おまいら、人間として問題ありませんか?」的作戦も完全再現ですよ。
 ちなみに汝は人狼なりや?で、バタ臭いメリケン人の中に、「萌え属性」が紛れ込み、犠牲者を「コスプレ外人」に変えていく、というのも考えましたがいかがでしょう?
 これでマルチゲーム人口が増えないかなぁ。(必要ない人口ですが)
スポンサーサイト

2007年

08月05日

(日曜日)

RPGのテクニック:インプロから学ぶ その6

 はい。誰にもリクエストされていませんが、シリーズ復活です。シーンを壊すテクニックの続き。being originalの登場です。日本語では、「独創的になる」ということですね。え? あ、いや、これでいいんですよ。「独創的になる」のはシーンを壊すテクニックです。
 僕のような凡人に特に言えることですが、自ら意識して独創的な演技演出を行うとちっとも独創的でなくなるのです。独創的であればあるほど、かえってステレオタイプに嵌ってしまうものです。
 たとえば。外に出てみましょう。そこにHip Hop調のやりすぎファッションのお兄さんがいませんか? これがbeing originalです。個性的なファッションをしようとしていますが、実際には休日の繁華街では見慣れた人たちです。
 中二病も、一種のbeing originalと言えるでしょう。洋楽を聞いたり、一人世界情勢について思い悩んでみたり。その時は「他の人間とは違う」と思っているのですが、実はステレオタイプそのものです。

 では、独創的であるにはどうしたらいいのでしょう? 僕がオススメするのは、自分で最も「お約束」だと思う演出をすること、自分で最も「ステレオタイプ」だと思う演技をすることです。
 元々人間には隠しきれない個性があります。朝、高校の校門の前で登校する生徒達を眺めてみましょう。変質者と間違われます。いや、そうではなく。
 画一的な格好をした生徒達が、「おはよう」と挨拶するだけで、そこに「彼以外の何者でもないなにか」が現れるのが判るでしょう。これが「独創」ということなのです。同じように、皆が「お約束」「ステレオタイプ」だと思っているものには、それぞれ違いがあります。あなたが「なんでもない」と思っていることの中にこそ、他の人にとっては考えもつかないような独創が隠されているのです。

 あなたの独創性は、わざわざ意識して見せなくてもちゃんとそこにあるのです。

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。