サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

07月24日

(火曜日)

ネタがありませんからね。

 書いてもつまんないから、お見合いの続きを書いてなかったのですが、複数の友人が「あの後どうなったのか」と聞くわけですよ。ホント疑問なんですが、客観的に見て、他人のデート道中記って楽しいですか? まぁもちろん、恋愛感情があふれんばかりなら、普段の僕に比べて「キャラが違う」ので楽しいかな?と思うわない事はないですが。


 アレからイロイロありまして。結局○子さんとは非常に平和的な条約を結びました。

「お互いこのまま断ると、親が次の見合いを持ってきて迷惑なので、お付き合いを続けましょう」

 素晴らしい。こんな美しい共闘体制を築いたのは初めてです。正直、僕はイロコイ沙汰には懲りたので、20代後半はこういうものから一切手を引いてきたのです。(メガネ・デブ・オタクでは恋愛もクソもないだろうって? いや、それがそうでもないんですよ。モテることと、恋愛とは全く次元の異なる話です)少なくとも30代になるまではこういう話はしたくなかったのですが、親の顔も立てないといけなくて。という感じで、実に失礼な前提でお見合いに臨んだわけです。

 しかし、結局お互いに「この人は何で僕に(私に)興味も無いくせにデートに付き合うんだろう?」という疑問が頭をもたげてきまして。そういうわけで真に分かり合ったワレワレは、件の条約を結ぶに至ったのです。

 そんな感じですから、友人達よ、ヘンな期待をしないように。
スポンサーサイト

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。