サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

07月07日

(土曜日)

PG12

 映画「仮面ライダーNEXT」がPG12指定されたことに多くの人が怒ってますね。「仮面ライダーは子供のための映画じゃないのか!」ってな感じで。逆に、褒めてるところもありますね。妥協しなかったのは偉いとか。

 誤解をしている方が多いみたいですが、この映画、映倫は12歳以下の視聴を禁じてなんかいませんからね? 12歳以下の子供は親と一緒に見た方がいいですよ?という表示です。

 そう、PG12指定映画は、親と一緒なら全く持って視聴可能なのです。さらに、「方がいい」だけで、親がどうしても見させると言い張るなら、子供だけで見たってかまいません。

 じゃ、具体的にはどんな作品がPG12作品なのかって? 
例えば、最近の映画では、典型的ハリウッドアクション「ザ・シューター 極大射程」がそうです。でも、車をヘリにぶつけちゃう「ダイ・ハード4.0」は違います。
「日本人が無理したのでちょっと失敗」系のアクション映画「あずみ」もPG12です。でも、登場人物が一人を残して殺し合いで全滅する「SHINOBI」は違います。

 ?って感じでしょ?

 アクション映画だけじゃありませんよ。僕の好きな家族映画「リトル・ミス・サンシャイン」は9歳(10歳だったかな?)の女の子が主人公のPG12映画です。でも、アフリカ内乱の虐殺シーンのある「ホテル・ルワンダ」は違います。

 ま、映倫なんてそんなもんです。今回のことも、ちょっと気まぐれが働いたんでしょう。だから、別にけなす事でも褒めることでもない、というのが僕の意見です。
スポンサーサイト

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。