サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

07月30日

(月曜日)

選挙が終わったので

 選挙が終わったので、やっと政治のヨタ話が出来ますね。選挙前にやると、○○党のシンパ(これ、死語?)かと思われるので控えてきましたが。

 さて、僕の投票行動は、理性9割・感情1割で構成されます。今回、理性的には自民党のほうがまともな政策なのは明らかかと思います。(適当にその辺に捨ててあるチラシでも拾って読めば判ります)問題は感情のほうですね。

 多くの人は、自民はヤだから民主へ入れたのでしょうが、僕は、民主だけは絶対駄目、自民も今回はヤだから他の政党に入れました。

 民主党が感情的に絶対駄目だったのは、オザワさんが党首だからです。よく知ってらっしゃる話かと思いますが、この人は自民党時代に幹事長として首相候補の面接を行うという、非常に醜悪な政治ショーを行いました。その上、そうやってほぼ自分で選んだ首相を後ろから刺して退陣に追い込むという離れ業を決めます。

 「小説ではよくいるけど実際にいるとは思わなかった醜悪政治家」です。正直、彼が党首である限りは、中々「この党に入れよう」という気はおきません。

 さて、自分は自民に入れなかったくせに、アベさんの擁護をしてみましょう。一つ言えるのは、首相として悪かったところは一つも見当たらなかったということです。彼が非難されている要件の中で、行政問題は一つだけ。年金問題対策の不手際です。実際には、彼は年金問題に関して行政的失敗を何一つしていないので、これも誤解です。後は、広がっていない格差をマスコミに強調され、閣僚が失言を繰り返したのを目ざとくマスコミに取り上げられ、政治と金の問題はみみっちい問題を大きく取り上げたマスコミにしてやられ……

 そういうわけで、アベさんの失敗はマスコミに踊らされる政治の復活を許したことにあるでしょう。
スポンサーサイト

2007年

07月30日

(月曜日)

告知!

 僕が「告知」と書くと、実生活で僕を知っている方々は大変深刻なテーマかと思う人も居るのですが、今回はサークルのコンベンションの告知です。

 9月23日にコンベンションをやることになりました。僕はもちろん、夏休みをとって本格参戦します。詳しくは、広島TGCのホームページをご覧下さい。

 で。ここからは独り言なのですが、9/23は連休の中日です。すなわち、様々な所から参加が可能なわけです。

 つまり、佐賀にいようが千葉にいようが(あ、今は違うんだっけ?)大阪にいようが、参加しようと思えばいくらでも参加できるはずだということです。

 全然関係ありませんが、大学の先輩後輩の関係は社会に出てからでも絶対ですよね。

 Tzでした。

2007年

07月24日

(火曜日)

ネタがありませんからね。

 書いてもつまんないから、お見合いの続きを書いてなかったのですが、複数の友人が「あの後どうなったのか」と聞くわけですよ。ホント疑問なんですが、客観的に見て、他人のデート道中記って楽しいですか? まぁもちろん、恋愛感情があふれんばかりなら、普段の僕に比べて「キャラが違う」ので楽しいかな?と思うわない事はないですが。


 アレからイロイロありまして。結局○子さんとは非常に平和的な条約を結びました。

「お互いこのまま断ると、親が次の見合いを持ってきて迷惑なので、お付き合いを続けましょう」

 素晴らしい。こんな美しい共闘体制を築いたのは初めてです。正直、僕はイロコイ沙汰には懲りたので、20代後半はこういうものから一切手を引いてきたのです。(メガネ・デブ・オタクでは恋愛もクソもないだろうって? いや、それがそうでもないんですよ。モテることと、恋愛とは全く次元の異なる話です)少なくとも30代になるまではこういう話はしたくなかったのですが、親の顔も立てないといけなくて。という感じで、実に失礼な前提でお見合いに臨んだわけです。

 しかし、結局お互いに「この人は何で僕に(私に)興味も無いくせにデートに付き合うんだろう?」という疑問が頭をもたげてきまして。そういうわけで真に分かり合ったワレワレは、件の条約を結ぶに至ったのです。

 そんな感じですから、友人達よ、ヘンな期待をしないように。

2007年

07月07日

(土曜日)

PG12

 映画「仮面ライダーNEXT」がPG12指定されたことに多くの人が怒ってますね。「仮面ライダーは子供のための映画じゃないのか!」ってな感じで。逆に、褒めてるところもありますね。妥協しなかったのは偉いとか。

 誤解をしている方が多いみたいですが、この映画、映倫は12歳以下の視聴を禁じてなんかいませんからね? 12歳以下の子供は親と一緒に見た方がいいですよ?という表示です。

 そう、PG12指定映画は、親と一緒なら全く持って視聴可能なのです。さらに、「方がいい」だけで、親がどうしても見させると言い張るなら、子供だけで見たってかまいません。

 じゃ、具体的にはどんな作品がPG12作品なのかって? 
例えば、最近の映画では、典型的ハリウッドアクション「ザ・シューター 極大射程」がそうです。でも、車をヘリにぶつけちゃう「ダイ・ハード4.0」は違います。
「日本人が無理したのでちょっと失敗」系のアクション映画「あずみ」もPG12です。でも、登場人物が一人を残して殺し合いで全滅する「SHINOBI」は違います。

 ?って感じでしょ?

 アクション映画だけじゃありませんよ。僕の好きな家族映画「リトル・ミス・サンシャイン」は9歳(10歳だったかな?)の女の子が主人公のPG12映画です。でも、アフリカ内乱の虐殺シーンのある「ホテル・ルワンダ」は違います。

 ま、映倫なんてそんなもんです。今回のことも、ちょっと気まぐれが働いたんでしょう。だから、別にけなす事でも褒めることでもない、というのが僕の意見です。

2007年

07月06日

(金曜日)

予想通り

そういうわけで,7月から新しい職場に来たTzです.

今日で4日目。その日のうちに帰れた日がありません。
初日から僕の頭の中はトップギア状態です。

いいんですけどね。予想通りだし。

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。