サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

06月28日

(木曜日)

友人たちの嗜好に乾杯

この6月の映画。
身近な友人達に見た映画を聞いてみました。
プレステージ 1人
大日本人 0人
その時は彼によろしく 1人
パイレーツ・オブ・カリビアン 0人
スパイダーマン3 0人

300 11人

素薔薇しい友人達です。
スポンサーサイト

2007年

06月20日

(水曜日)

下ネタ

 えーっと、今回は下ネタえす。僕の品位を信じたい人は読み飛ばすと良いと思います。

 友人の(友人と信じてますよ?)Yoshさんのブログで、キュウリのネタがあったのですが。

 キュウリに「南極一号」という品種があるのです。
 一方で、ダッチワイフの古典的ベストセラーに、「南極一号」というのがあります。根も葉もない噂のようですが、日本政府が南極探検隊のために開発を依頼したという逸品です。

 「南極一号」には、男性用と女性用があるのだなぁと思ったTzでした。

2007年

06月05日

(火曜日)

五円はあっても御縁は無さそう

 僕には信じがたい風習なのですが、母と仲介人によると、「見合いを男性側から断るときは、2・3回お付き合いしてから」という事らしいです。

 ということで、土曜日は件の○子さんに遊んでもらいました。前回、Web上のお見合いマニュアルを読みまくったTzさん。さすがに見合い後のデートマニュアルは少ないかなって予想外に多いんですけど。すげー。

 しかし、どこに行ったらいいのか皆目見当がつきません。学生以来女性とお付き合いがないTzさん。マニュアルは「デートコースを決めるのは男性の仕事です」以上。わかっとるんじゃそんなことは。まさか学生みたいに、ゲーセン→飲み→ホテルってワケには行きませんし。

 で、なぜか市立の植物園に行くことに。頭に蟲でもわいてたんでしょうか。僕ガーデニングとか全然興味ないんですけど。草の名前とかゼンゼン知らないし。植物に毎日語りかけるチャールズ皇太子みたいにキモい男ではないし。そもそも日長一日二人で草を見て楽しいですか?

 すごくたのしかったです。いや、僕だけが。○子さんおいてけぼりで楽しんでしまいました。サボテンとか、結構好きかも知れない。宮部みゆきの短編に「僕たちはサボテンだ。けして剪定されないから」(記憶曖昧)という台詞があったのを思い出しました。あと、バラ園で野バラの地味さに少しうきうきしてしまったり。キモ。

 で、いつもの調子でしゃべってしまい、○子さん呆れ顔。
「うーん、植物は食えるか食えないかがまず大事ですよね」
「虫は地球外からやってきたって学説知ってます? しかもDNA二重螺旋の論文を書いた、ワトソン・クリックのワトソンが唱えているという」
(ウツボカズラを見ながら)
○子さん「虫、入ってます?」
Tz「あ、入ってる」
○子さん「え、ほんとに?」
Tz「ウソです
○子さん「……」
どうして僕はこういう意味のないウソがすきなのでしょうか。

 ま、そんなこんなで植物園終了。4時半。こんなに早く閉まるんですね。植物園。「開店時間と閉店時間は事前にチェックしましょう」とマニュアルが言っていたのを思い出しました。

Tz「どうしましょうか」
○子さん「どうしましょう」
Tz「じゃ、映画でも……」
○子さん「あ、それだったら見たいのがあるんです」
ということで市内の宝塚へ。

って、今日とうかさんじゃん
ギニャー。人。人。人人人。人人人人人人人。
騙されたっ。

 ○子さんはとうかさんに行った事が無いそうなので、一応案内。
「五円、あります?」
「あ、ないです」
今回の内容はこの会話に象徴されているような気が。

 その後は、映画見ただけなのですが、その映画が、「そのときは彼によろしく」。○子さん。こんなこと言いたくはありませんが、この6月期待のクソ映画だと思うのですが、それ。○子さんとの埋めがたい大きな溝を感じました。あ、映画自体は期待通りの出来でしたよ。
 時計を見ると、8時半。あれ?なんか忘れてたような。

マニュアル「遅くても9時までには返しましょう。これは最低限のマナーです」

 まぁそういうわけで、多分週末には断りのメールが来るのではと思っております。












HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。