サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

01月23日

(火曜日)

世間様とのズレ

 そろそろRPG論考の続きを書かなきゃなぁと思うんですが。今日も更新保守用日記です。

 多くのメガネオタクデブがそうであるように、僕も世間様とは少しズれている自覚はあったんですが。今回は「僕の常識」と「世間の常識」がズれすぎててイヤということが二つほど。

 「あるある」の件ですが。番組打ち切りなんて酷過ぎます。みんな分かってたんじゃないんですか。あの番組に科学的な裏付けは初めから徹頭徹尾全くなかったじゃないですか。細木数子の番組と一緒でしょ? Drコパとおんなじじゃないですか。

 「もう信じられない」って言いますが、「今まで信じてた」ことがすでに驚きです。番組スタッフだって、「この番組を信じてるなんて、頭がどうかしてるんじゃないか?」と叫びたいでしょうに。番組打ち切りはやめにして、テロップに、「この番組はフィクションです。」と掲げて復活させてあげましょうよ。

 朝日新聞の世論調査。数字とかよりも驚きなのが、この世の中には電話で朝日新聞記者を名乗る見ず知らずの他人に個人的な政治観をベラベラしゃべる人が、かなりの人数いるということ。

 イヤじゃないですか?某宗教団体関係者だったらどうするんですか?しかも近所の。

 世間様がさっぱり分からないTzです。

追伸:21時
やっぱり僕は少数派じゃなかったよ!
スポンサーサイト

2007年

01月17日

(水曜日)

マイ・グルメ・ライフ

 この間お医者さんが胃に入れる管のことをマーゲン・チューブって言ってましたが、マーゲンはドイツ語(胃)チューブは英語(管)だろうと思うのですが。
 そういうわけでインプロはひとまずおいておいて、僕のグルメ(仏)ライフ(英)についてすこし。
 ここの人と違って、僕の料理では「簡単」がまず絶対条件です。だって、めんどくさいんだもん。めんどくさいと自炊って続かないんだもん。で、次に来るのが「味」、「値段」です。

 残念ながらこの世の中には簡単でおいしくて安い料理は存在しないので(反論却下。これは僕がこれまでの長い自炊歴から培った真実です。)味の方は「できるだけ」になってしまいますね。でも、今日は結構久しぶりにおいしかったので、世間の独居男性のためにレシピなんぞを公開してみようかなと。うーん無謀だ。

 ところで、世の独居男性の諸君。
自炊メシをおいしくいただくコツをご存知か?
それはね。
旨い酒と共に食すことです。
メシはほどほどでも、サケが旨ければ世はなべて事もなし。現在僕の晩酌は「天寶一」大吟醸中汲みと、“The Balvenie”Double Wood 12年。
 両方とも値段は手頃で味が・・・えーっと安定?しっかり?うーん語彙が見つかりません。とにかくちゃんとした酒の味がするということです。もっと旨いサケもあるんだろうけどね。値段は計算上ビールよりお得。

 いかん。脱線してしまった。それもこれも天寶一のせいです。それで、肝腎のメシの方ですが。

1.モツァレラチーズとトマト
 のっけからハイソな気分漂うメニューですが。バジルは高いから却下という生活感あふれる選択を褒めてほしい。チーズは賞味期限ギリギリで半額なので、結構お安く出来ましたよ。(というよりは半額なのを見てこのメニューに決定。)
 トマトを切り、チーズを手でもぎる。皿に盛る。完成。
 ああっなんて簡単なんでしょうか!え?ドレッシングはどうしたって?ああ、そういえば。でもウチにはドレッシングなんていう単一目的(サラダ)にしか使えないものは基本的におかないようにしてるんですよ。だからってこれのためにドレッシングを買うのもアホらしいし。
 で、僕はこういう時、塩、ブラックペッパー、オリーブオイルをふりかけています。これが下手なドレッシングかけるより数倍旨い。是非、是非是非皆さんも。

2.鮭ご飯
 キングオブ簡単。即席ラーメンみたいなもんです。もちろんウチの定番メニュー。米を研いで普通に炊く分の水を入れ、米の上に昆布を一枚沈めてさらに上に塩鮭を1合当たり1切れ置く。酒をジョボ。(ほんの少しです。大匙何杯とかわかりません。)炊く。それだけ。炊き上がったら昆布ごと鮭を取り出し、骨を取り除いて再び投入。混ぜ倒す。鮭がバラバラになってまんべんなく混ざったら出来上がり。
 旨い。ハラショーロシア産サーモン。カマ下が普通の切り身の半額だなんて、サカナを知らないにも程がありますが、そのおかげで僕の財布も潤っているので許す。

 そういうわけで、簡単でも結構旨いものが食べれますよというお話でした。え?参考になんない?

2007年

01月06日

(土曜日)

RPGのテクニック:インプロから学ぶ その4

おめでとうございます。
シーン演出の技術を語りたくて始めたこのシリーズ、終わんねぇ。
8/31になっても宿題が終わってない小学生の気分です。

そういうわけで、次のキーワードを。
今回は「シーンを壊す」テクニックについてのお話です。
なんかインプロのすごい人が、シーンを壊すテクニック、即ちあまり良くない行動を17に分類しているそうです。多すぎます。
なので、前にあげた用語集に書かれている分のさらに一部だけを挙げましょう。

・Blocking
BlockingブロッキンングはYes,andの対極といえるでしょう。オファーを否定すること、アイディアを殺すことを言います。何も考えずこれをすると、格段につまらなくなります。
「博士!タイムマシーンが完成しました!」
「博士?僕はタダの大学院生ですよ。」
がこれに当たるでしょう。
・RPGにおけるBlockingの応用
RPGでも忌避されるべきテクニックです。基本的にオファーを受け入れる方向で演出するのが無難です。
が。
RPGにおいては、「舞台裏に入」り、「演出しなおす」ことで自分が演出しきる自信がないアイディアをブロッキングするのは一つの技術だと思います。
一部のRPGを除いて、RPGではいつでも(シーンの途中でも)自分のロールを解除し、キャラクターからプレイヤーに戻って相談することが出来ます。即興演劇ではこうは行きません。

NPC「そこで、キミにこの人物の暗殺を依頼したい。冷静沈着な君は、我々の中でも評価が高いのでね。」
PL「うーん、GM,今回僕は売り出し中のヤル気満々の殺し屋がやりたいんですが・・・つか、冷静なプレイ苦手で。ダメ?」
GM「OK,依頼を受けてくれるなら全くかまわないよ。じゃあさっきのセリフは・・・」
NPC「キミにこの人物の暗殺を依頼したい。君にとってもこの世界で名を上げるチャンスだと思うがね。」
PC「オーケイ、ミスタ。俺と俺のガン達に任しときな。明日にはコイツは蜂の巣よりも穴だらけになってるよ。」

ここで大事なのは、ブロッキングするときは必ず一旦役割を解除しないと、インプロと同じような効果があるということです。

NPC「そこで、キミにこの人物の暗殺を依頼したい。冷静沈着な君は、我々の中でも評価が高いのでね。」
PC「オーケイ、ミスタ。俺と俺のガン達に任しときな。明日にはコイツは蜂の巣よりも穴だらけになってるよ。」

なんかおかしいですよね?

誤解しないで欲しいのは、インプロにおいてもこれらのテクニックは絶対ダメと言ってるんじゃないという事です。何も考えずにこのような行動をとることは、危険だといっているわけです。

さて、次回はやはりシーンを壊すテクニックNegativityを取り上げましょう。RPGでも良く見かける失敗例ですよ。

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。