サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年

12月23日

(土曜日)

RPGのテクニック:インプロから学ぶ その3

 前回の文章、「やっと本題です」から始まったのに「やっと入り口に着いた」で終わる、なんとも頭の悪い構造をしていますね。自戒として訂正せずにおきましょう。
 しかし、自分でRPG論を語るのはナンとも恥ずかしいところがあります。たくさんの人たちが、僕より高度でオリジナリティのあるRPG論を展開している中で、僕が語るのは、なんとも古臭い2・3年前のRPG論。しかも、素人もいいとこのインプロ(実を言うと、インプロのショーを2回見て、ワークショップに2回参加しただけなのです。僕は。)を持ち出すこの大風呂敷。うーん、いい感じにウツになってきました。

 さて、ウツになりっぱなしのテンションで続きです。

 インプロのテクニカルタームはウェブ上の日本語ではココが詳しいと思います。とてもよくまとまっています。これを参考にしながら、お話を展開していくことにしましょう。

 と、言うよりはむしろ多くの演技演出重視型RPGのファンが上のページを読んでくれれば、記事の目的は半分以上終了なのですが。

・Yes,and
 いきなり用語集にない言葉でゴメンナサイ。でも、インプロを語るときにはなくてはならない言葉なので。僕はTRPGにおいてはインプロにおけるほど大事な概念だとは考えていないのですが、この概念を説明すると、インプロ自体が俯瞰できるので、はじめに解説します。

 インプロでは役者が演技によって、何かを定義するところから始まります。これをオファーofferと言います。無茶苦茶抽象的ですね。例を挙げましょう。

A→B「博士!タイムマシーンが完成しました!」

#余談ですが、ここでAはBに対して、複数のオファーをしています。
#1.Bは博士である。
#2.タイムマシーンについて話そう。
#3.BはAから敬語(少なくとも丁寧語を)使われる立場である。

 さて、ココからシーンを駆動させるのに、自然なBのセリフはどんなものでしょうか。
1「僕が博士?僕はタダの大学院生ですよ。」
2「それはよかった。」
3「ウム、苦節30年、武者小路君もそんなに毛が薄くなるまで、よく私に尽くしてくれたな。」

1はまさにお話になりません。
でも、2もシーンを駆動しているとはいえません。
3がこの中では一番シーンを駆動していそうじゃありませんか?

三番目のセリフを構築する技術が、Yes,andです。即ち、他者の提案を受け入れ、自分のアイディアを付け加える。それは新たなオファーになり、次のオファーにつながる。このようにして、インプロの舞台は進んでいくのです。

・RPGにおけるYes,andの応用
 最も無難な演出をするための技術です。(より良いかどうかはまた別問題。)自然にシーンが駆動します。Yes,andはRPGにおいても、身につけたい技術です。と言うより、最近のFEARのRPGはこの技術を前提にしています。

ハンドアウト制はYes,andの技術がなければまったく楽しむことが出来ません。ハンドアウトの前提を受け入れた上で、継ぎ足すというのが演出上ハズレがありません。

また、演出を行なう時、Yes,andにのっとっているかを頭の片隅においておくと、今自分が無難な演出をしようとしているか、困難な演出をしようとしているのかの評価が出来るでしょう。

スポンサーサイト

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。