サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年

01月01日

(火曜日)

速報を書かなければいけないような雰囲気なので

あけましておめでとうございます。
当直中にブログ更新です。
ちなみに待機時間は時給も出ないので、契約違反ではないと思います。

さて、お見合い二件とも無事終わりました。
どちらもとても良い娘さんで、こんな良い人たちに、
年末の貴重な時間を無駄に使わせたかと思うとホントに心苦しいです。
できれば、僕と結婚するような破目にならないようにしていただきたいものです。

一人目の●子さんは、企業の研究職だそうです。
研究所って東京近郊に集約されているので、関東のG馬県在住とか。

え、いつデートするんですか? 

・・・・・・おいといて。
どうやら、僕の業種に納める器具を研究開発する企業らしい。
「どんな研究をされているんですか?」
「ええっと、管の中にビーズを通してそこに吸着させて・・・・・・」
「それって○○のことですよね。」
「あ、はいそうです。」

あの、僕も一応専門家の端くれなのですが。釣書読みました? ●子さん?

どうやら、結構研究が面白いらしく、やりがいがある職場のようです。
やりました! 僕と結婚して広島に帰ってくるという選択肢は無いも同然です。

まずこれで一人片づいたと。

それにしても、●子さんにしても○子さんにしても、イヤならお見合いしなければ良いのに。
って断れない僕のはくセリフじゃ無いですね。
やっぱり、親に頼まれると弱いです。



さて、2件目に入る前に。
ここで、お見合いの仲人さんをしようかな? という人にお願いがあります。

二件のお見合いを二日連続で同じ喫茶室の同じ席でやるの、やめてください。
従業員の目がとても痛いんです。

二人目のお嬢さんは☆子さん。
福岡で就職されているとか。

だーかーらー、いつデートするんですか? 仲人さん?

特技とか・・・
「剣道二段です」
お好きな飲み物は・・・
「ビールが」

硬派

お好きな音楽とか、ありますか?
「UKロックが好きですねー」

カ、カッコイイ。旦那さんにしたい。
でも、お嫁さんとなると、かなりの勇気を必要としますね。

さて、Tzさん、今回も「相手はこっちがすごいメガネデブなのにあってくれているんだ。こっちから断れるような立場だとでも思っているのか?」という、母の無茶理論のせいで、いきなり断れない様子。

となると、女性の方から愛想を尽かしてくれるのが一番ということで、ワタクシ二回とも、初回デートの間自分の話ばっかりしてました。我ながらナイスアイディアだと思います。二人ともあきれてましたし。


結果:二人とも、もう一度お会いしましょうとの由。

どういうこと?
スポンサーサイト

2007年

12月27日

(木曜日)

不意打ちとは卑怯な。

えー、○子さんとお別れしてから半年あまり。
すっかり油断していました。
というか、夏休みからこっちそんな暇なかったので、母も遠慮していたとのこと。


「もしもし、おはよう。母さんだけど」
「おはよう。なに?」
「30日と31日、お見合いだから」
「……?……??」(寝起きなので反応が鈍い)
「お見合いだから。ダメだから。もう返事したから」
ダメだからって僕まだ何も言ってませんが。
「ヤダ」
「だから、ダメだから」
そうですか。

「二日もかけて誰に会うの?」
「いや、二人に会うから」
「!?ふ、ふーん、でも、来月の当直予定、まだ立ってないよ? ていうか、30.31って土日だっけ?」
「いや、今月」
大晦日?おおみそかにお見合い?
「ちょ、ちょっと待ってよ?」
「今度釣書を読みに帰りなさい」
会話になっていません。
年末のワタクシ。

26 当直
27 当直
28 通常勤務
29 当直
30 昼まで勤務・午後お見合い
31 昼まで勤務・午後お見合い
1  当直
2  昼まで勤務
3  昼まで勤務・午後から高校の友人と会う

えーん。

2007年

06月05日

(火曜日)

五円はあっても御縁は無さそう

 僕には信じがたい風習なのですが、母と仲介人によると、「見合いを男性側から断るときは、2・3回お付き合いしてから」という事らしいです。

 ということで、土曜日は件の○子さんに遊んでもらいました。前回、Web上のお見合いマニュアルを読みまくったTzさん。さすがに見合い後のデートマニュアルは少ないかなって予想外に多いんですけど。すげー。

 しかし、どこに行ったらいいのか皆目見当がつきません。学生以来女性とお付き合いがないTzさん。マニュアルは「デートコースを決めるのは男性の仕事です」以上。わかっとるんじゃそんなことは。まさか学生みたいに、ゲーセン→飲み→ホテルってワケには行きませんし。

 で、なぜか市立の植物園に行くことに。頭に蟲でもわいてたんでしょうか。僕ガーデニングとか全然興味ないんですけど。草の名前とかゼンゼン知らないし。植物に毎日語りかけるチャールズ皇太子みたいにキモい男ではないし。そもそも日長一日二人で草を見て楽しいですか?

 すごくたのしかったです。いや、僕だけが。○子さんおいてけぼりで楽しんでしまいました。サボテンとか、結構好きかも知れない。宮部みゆきの短編に「僕たちはサボテンだ。けして剪定されないから」(記憶曖昧)という台詞があったのを思い出しました。あと、バラ園で野バラの地味さに少しうきうきしてしまったり。キモ。

 で、いつもの調子でしゃべってしまい、○子さん呆れ顔。
「うーん、植物は食えるか食えないかがまず大事ですよね」
「虫は地球外からやってきたって学説知ってます? しかもDNA二重螺旋の論文を書いた、ワトソン・クリックのワトソンが唱えているという」
(ウツボカズラを見ながら)
○子さん「虫、入ってます?」
Tz「あ、入ってる」
○子さん「え、ほんとに?」
Tz「ウソです
○子さん「……」
どうして僕はこういう意味のないウソがすきなのでしょうか。

 ま、そんなこんなで植物園終了。4時半。こんなに早く閉まるんですね。植物園。「開店時間と閉店時間は事前にチェックしましょう」とマニュアルが言っていたのを思い出しました。

Tz「どうしましょうか」
○子さん「どうしましょう」
Tz「じゃ、映画でも……」
○子さん「あ、それだったら見たいのがあるんです」
ということで市内の宝塚へ。

って、今日とうかさんじゃん
ギニャー。人。人。人人人。人人人人人人人。
騙されたっ。

 ○子さんはとうかさんに行った事が無いそうなので、一応案内。
「五円、あります?」
「あ、ないです」
今回の内容はこの会話に象徴されているような気が。

 その後は、映画見ただけなのですが、その映画が、「そのときは彼によろしく」。○子さん。こんなこと言いたくはありませんが、この6月期待のクソ映画だと思うのですが、それ。○子さんとの埋めがたい大きな溝を感じました。あ、映画自体は期待通りの出来でしたよ。
 時計を見ると、8時半。あれ?なんか忘れてたような。

マニュアル「遅くても9時までには返しましょう。これは最低限のマナーです」

 まぁそういうわけで、多分週末には断りのメールが来るのではと思っております。












2007年

05月25日

(金曜日)

五円がありますように。

お見合いをしてきたのでご報告を。

うん、面白いですね。お見合い。
なんか、こう、お互い疲れるところとか。
すごく気まずい雰囲気を打破できない、あのマゴマゴ感とか。
(注:ほんとに楽しんでますよ?)

詳しく話しますと。

とりあえず遅刻をしました。だめー普通にだめー。
あらゆるマニュアルにコレだけはしちゃいかんと。
28にもなってまだ遅刻かと。
最初からすごい失礼をぶちかましました。

反省しきり。

ホテルのロビーで待ち合わせて、そのままロビーの喫茶へ。
「こちら、Tzさんとそのお母様。こちら、○子さんとそのお母様」
「「よろしくお願いします」」
「……」
「……」
「…………」
「……………………………………」

キ、キマズイ。

こ、こういう時は仲人さんにって、この仲人さんダレ?
あ、そういえば一回だけ会ったことが。
はぁ、うちの母の。僕が生まれる前のお友達。なるほど。
頼りにくいです。

あ、そうだ、もう一度謝ろう。
「いや、この度はとんだことで。」
「いえいえどうも。」
ってこれじゃ葬式です。

まぁその後ギコチナイ会話が。

そんな中、ナゼかうちの母だけがメキメキと饒舌になっていく怪現象。母さん、なんかキャラ違います。

で、1時間ぐらいたったところで、仲人さんが
「じゃ、あなたたち、デートして来なさい。
なぜ命令。


 こういう時に、どこかへ行けと言われても困ってしまいますね。
 で、しょうがないから、少し遠くの小高い丘にあるイタリア料理屋さんに行ってきました。このレストラン、景色がよいことで有名で、広島を一望でき、ついでに丘を見下ろすと墓場というナイスコラボレーション。丘をまく坂には、夜ともなればカップルの微妙に揺れる車が並び、その横には結婚式場という、ゆりかごの前から墓場までこの丘でまかなえる理想環境です。

「お食事と喫茶、どちらになさいますか?」
ご飯は食べてる時間でしたから、
「喫茶で」

なぜ喫茶店から喫茶店に移動?

そんな風にして、打開策もないまま、お見合いが終わりまして……
僕は開放感たっぷりに車に乗り込み、
「お送りしましょう」
「でも遠いですし」
「いや、送りますよ」

って、片道1時間半かよ!
ほんとに遠いし!まわり田んぼだけになっちゃいましたよ?
きちんと把握しておくべきでした。

トラップにはまったので、その後のセッションに遅刻したのも仕方がないのです。
そこで仲間に言われた一言。
「Tzさん、何でその気もないのにわざわざフラグ立てに行ったんです?」

……ギャルゲーの方が楽。

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。