サイコロ追跡中。

サイコロの転がる、その先へ。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

09月03日

(月曜日)

逆転裁判のこと

 さて。新しい職場も、もう2ヶ月。Tzさん、幾分精神的・肉体的に参ってきました。あんまり有能ではないので、しっかり上司の信用を無くしてしいましたし。つか、普通に辞めたくなっちゃったんだけど。

 そういうワケで、一週間ほど逆転裁判3・4(DS判)に現実逃避してました。このシリーズ、大学時代に友人のVANさんから貸してもらって三分間遊んだ後、その足でそのためだけにゲームボーイアドバンスを買ってしまったという、思い出のゲームです。内容説明は、有名ゲームなのでパス。法廷シーンのスピード感と、装いの軽さに反して結構練りこまれたシナリオがうれしい推理系AVGです。
 主要NPCが気軽に容疑者や被害者や真犯人になったりするところも、結構お気に入り。当事者性が高くてよいです。

 しかし、一番の魅力はやはりメタゲーム性ですね。このシリーズ、基本的には主役弁護士の一人称視点から進められ、探偵パートで事件発生・調査、法廷パートで謎解きとなるんですが、ま、探偵パートの最後には、大体事件の真相は推理可能な状態になっています。(法廷パートで補強される部分もありますけど。)じゃ、法廷パートで何をするのかというと、自分の分身たる弁護士君に事件の真相を「判らせる」ために四苦八苦するのです。弁護士君は大体みんな分かりが悪いですから、先走った推理を提示しても却下されます。「ウゴー!何でこの証拠でこれに気付かないんだー!」「チクショー!こんな矛盾だらけの証言、信用するなよー」とか。それだけに、判ってくれると、とてもウレシイ。……ん?これってなんか、ギャルゲー攻略に似てませんか?
 そう、このゲーム、自分を攻略して楽しむという、ある種イタい快感を味わうことが出来るゲームなのです。素晴らしい。

 なんか、元気は出たけど、厭世観はかえって強くなったTzでした。
スポンサーサイト

2007年

01月17日

(水曜日)

マイ・グルメ・ライフ

 この間お医者さんが胃に入れる管のことをマーゲン・チューブって言ってましたが、マーゲンはドイツ語(胃)チューブは英語(管)だろうと思うのですが。
 そういうわけでインプロはひとまずおいておいて、僕のグルメ(仏)ライフ(英)についてすこし。
 ここの人と違って、僕の料理では「簡単」がまず絶対条件です。だって、めんどくさいんだもん。めんどくさいと自炊って続かないんだもん。で、次に来るのが「味」、「値段」です。

 残念ながらこの世の中には簡単でおいしくて安い料理は存在しないので(反論却下。これは僕がこれまでの長い自炊歴から培った真実です。)味の方は「できるだけ」になってしまいますね。でも、今日は結構久しぶりにおいしかったので、世間の独居男性のためにレシピなんぞを公開してみようかなと。うーん無謀だ。

 ところで、世の独居男性の諸君。
自炊メシをおいしくいただくコツをご存知か?
それはね。
旨い酒と共に食すことです。
メシはほどほどでも、サケが旨ければ世はなべて事もなし。現在僕の晩酌は「天寶一」大吟醸中汲みと、“The Balvenie”Double Wood 12年。
 両方とも値段は手頃で味が・・・えーっと安定?しっかり?うーん語彙が見つかりません。とにかくちゃんとした酒の味がするということです。もっと旨いサケもあるんだろうけどね。値段は計算上ビールよりお得。

 いかん。脱線してしまった。それもこれも天寶一のせいです。それで、肝腎のメシの方ですが。

1.モツァレラチーズとトマト
 のっけからハイソな気分漂うメニューですが。バジルは高いから却下という生活感あふれる選択を褒めてほしい。チーズは賞味期限ギリギリで半額なので、結構お安く出来ましたよ。(というよりは半額なのを見てこのメニューに決定。)
 トマトを切り、チーズを手でもぎる。皿に盛る。完成。
 ああっなんて簡単なんでしょうか!え?ドレッシングはどうしたって?ああ、そういえば。でもウチにはドレッシングなんていう単一目的(サラダ)にしか使えないものは基本的におかないようにしてるんですよ。だからってこれのためにドレッシングを買うのもアホらしいし。
 で、僕はこういう時、塩、ブラックペッパー、オリーブオイルをふりかけています。これが下手なドレッシングかけるより数倍旨い。是非、是非是非皆さんも。

2.鮭ご飯
 キングオブ簡単。即席ラーメンみたいなもんです。もちろんウチの定番メニュー。米を研いで普通に炊く分の水を入れ、米の上に昆布を一枚沈めてさらに上に塩鮭を1合当たり1切れ置く。酒をジョボ。(ほんの少しです。大匙何杯とかわかりません。)炊く。それだけ。炊き上がったら昆布ごと鮭を取り出し、骨を取り除いて再び投入。混ぜ倒す。鮭がバラバラになってまんべんなく混ざったら出来上がり。
 旨い。ハラショーロシア産サーモン。カマ下が普通の切り身の半額だなんて、サカナを知らないにも程がありますが、そのおかげで僕の財布も潤っているので許す。

 そういうわけで、簡単でも結構旨いものが食べれますよというお話でした。え?参考になんない?

2006年

11月12日

(日曜日)

駅馬車

 コンビニで500円で「駅馬車」のDVDが売っていたので購入・視聴。
 昔からこの作品のファンで、今回で多分10回ぐらい見たんじゃないかしら。非常にRPG的。(と思うのはRPG脳かしらん。)自分にクリエイターの才能は無いとわかっていても、一度はこんな見事なシナリオを書いてみたいと思ってしまいます。
 プレイヤーとしても、PCで扱いたいキャラクターの宝庫です。ドクも、保安官もいいですが、僕は特にピーコックさんがお気に入り。PLとして、一度もあの境地に達したことはありませんが。
 コーヒーも久しぶりに自分で淹れて、至福の午後でした。

2006年

09月15日

(金曜日)

コーヒー気分。

 えー今朝は寝覚めに暗い記事を書いたので、もう少し明るい記事を。
 YoshさんのYosh's Tea House(コレってなんか変な表現ですね)に、最近コーヒーの話題が載っていました。(リンク先は一番最近のコーヒーの記事です。このほかにもイロイロ)
 いやー、本格的ですね。コーヒー・スノッブとでも言ったらいいんでしょうか。憧れます。

 生まれも育ちも野良なので、僕にはこういう本格的なものを作るのが苦手です。良さはわかるつもりなんですが、つい、ドリップする時間や豆を挽く時間が長いとイライラしてしまうのです。いわゆる貧乏性ですね。


 でもまぁ、野良でもコーヒーに目覚めることはあって、学生の頃色々試したことがあります。ところがその過程で元来の貧乏性が出て、研究は間違った方向に向いてしまいます。僕が目指したのは、一言で言うと「邪魔にならないコーヒー」でした。


 コーヒーって、もちろん正対して飲むのが正しいのですが、何かをしながら(例えばブログを書きながら、映画を見ながら)飲むのもこれはこれで楽しいものです。そんな時あまりにコーヒーの性格が強いと、お互いの邪魔になってしまうのです。


 僕の開発した「邪魔にならないコーヒー」をたった今「コーヒー気分」と命名しました。では、「続き」で「コーヒー気分」の作り方をどうぞ。


 あ、本格派の方、コレを読んでもどうか怒らないでくださいね。


続きを読む »

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。